アメリカ人拘束問題 米政権がイラン側と接触 直接交渉はなしか

アメリカのバイデン政権の高官は、イランで複数のアメリカ人が拘束されている問題でイラン側との接触を始めたことを明らかにするとともに、核問題をめぐってもイラン側との直接協議に前向きな姿勢を示しました。

バイデン政権で安全保障問題担当のサリバン大統領補佐官は、21日、CBSテレビに出演し、イランで複数のアメリカ人が拘束されている問題について「イラン側と連絡を始めた。引き続き、連絡を取る」と述べ、イラン側との接触を始めたことを明らかにしました。

また、イランの核問題をめぐっても「バイデン大統領は外交が最良の手段であると信じ、協議のテーブルに着く用意がある」と述べ、イラン側との直接協議に前向きな姿勢を示しました。

これに対してイラン外務省のハティーブザーデ報道官は、21日、国営テレビの取材に対し「アメリカの新政権が発足して以降、アメリカの利益代表であるスイス大使館などを通じていくつかのメッセージを受け取った」と説明しました。

ただ、両国の間で直接のやり取りは行っていないとしています。

イランは、核問題をめぐってまずはアメリカによる制裁の解除を訴えていて、イラン側がバイデン政権との対話に応じるかどうかは不透明な状況です。