首相の長男らと会食「接待」と結論へ 総務省 計11人処分の方針

総務省の幹部4人と衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男らとの会食に関する調査で、総務省は倫理規程に違反する接待を受けていたと結論づけるとともに、ほかに7人の職員が同様の接待を受けていたとする報告書をまとめる方向で最終調整しています。人事院の審査会の承認が得られれば24日にも、合わせて11人を懲戒処分などにする方針です。

総務省の幹部と衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男らとの会食をめぐって、今月上旬から調査を行っている総務省は22日の衆議院予算委員会に調査結果を報告し、24日にも人事院の国家公務員倫理審査会に報告書を提出する方針です。

報告書では、衛星放送関連会社は利害関係者にあたるとしたうえで、
▽谷脇 総務審議官、
▽吉田 総務審議官、
▽秋本 前情報流通行政局長、
▽湯本 前審議官の幹部4人は、
会食の費用を会社側に負担してもらうなどしていたとして、国家公務員の倫理規程に違反する接待を受けていたと結論づける方向で検討しています。

また、4人の幹部以外に7人の職員が会社側から同様の接待を受けていたことが明らかになったとして合わせて公表する方向で最終調整しています。

調査結果を踏まえ、総務省は4人の幹部を懲戒処分とし、7人の職員に対しても処分を行う方向で検討していて、倫理審査会の承認が得られれば24日にも処分する方針です。

加藤官房長官「総務省が調査中」

加藤官房長官は午前の記者会見で「国会からの指示も受け、総務省から調査結果を提出させていただきたいと説明していると承知している。現在それに向けて総務省が調査中だ」と述べました。

また記者団が「今回の調査結果の公表を受けて、衛星放送の許認可をめぐる総務省の行政判断についても別途調査する考えはあるか」と質問したのに対し「今の時点でそうした調査という話は承知していない」と述べました。