競泳 池江璃花子 好タイムで復帰後初めての優勝

競泳の池江璃花子選手が都内で行われた学生中心の大会に出場し女子50メートルバタフライで25秒77の好タイムをマークし去年8月の競技復帰後、初めて優勝しました。

去年、白血病から競技に復帰した池江選手は東京・江東区の東京辰巳国際水泳場で行われた「東京都オープン」に出場しました。

この大会は一部、トップ選手が出場しているものの、ことし4月の日本選手権を目指す学生中心の大会で、池江選手は復帰後初めて体への負担が大きいバタフライの2種目にエントリーしました。

20日、3位だった100メートルバタフライに続き、大会2日目の21日は50メートルバタフライに出場し、予選は26秒38の全体トップのタイムで決勝に進みました。

大学生や高校生など同じ年代の選手との争いとなった午後の決勝で、池江選手はレース中盤で頭1つ抜け出すと、その後もスピードに乗った泳ぎでリードを広げ、1着でフィニッシュしました。

池江選手のタイムは自身の日本記録まで0秒66に迫る25秒77で、オリンピックで実施される種目ではないものの、おととしの世界選手権では決勝進出に相当する好タイムでした。

池江選手がレースで優勝したのは競技復帰後では初めてで、病院を退院して去年3月にプールでの練習を再開してからおよそ1年をかけて力を取り戻しつつある姿を示しました。

池江「タイムもついてきて今後にすごくいい自信」

学生中心の大会ながら競技復帰後、初優勝を果たした池江選手は「どんな試合でも1位を取れたことはうれしいことだし、タイムもついてきたのは、今後に向けてすごくいい自信になる」と笑顔で話しました。

予選からタイムを0秒61縮めた決勝のレースについては「力まず泳げたことが記録につながった。予選の泳ぎを踏まえて、決勝では呼吸のタイミングを遅らせたり、呼吸のあとにテンポを落とさないようにしたり、いろいろ考えてレースできた」と話し、冷静なレース運びに手応えを感じている様子でした。

また、おととしの世界選手権の決勝進出に相当する好タイムをマークしたことについては「全く実感は湧いていないけど、徐々に戻ってきていると思う」と手応えを口にしました。

東京オリンピックの代表選考会を兼ねる4月の日本選手権に向けては出場種目を慎重に検討しているということで「あす以降の体のダメージも見ながら、出場種目の数を考えたい。出るからには、いい位置を狙いたいので、目標と目的を持って決めたい」と話しました。

また東京オリンピックへの思いについて聞かれると「今の最大の目標は2024年のパリオリンピックで、そこをクリアできるように、どんどん記録を伸ばしていきたい」と話すにとどめました。

瀬戸大也は6位

競泳の「東京都オープン」、その他の主な結果です。

男子200メートル平泳ぎは佐藤翔馬選手が2分8秒24のタイムで優勝しました。

追い込んだ練習の疲れが残る中でのタイムについて佐藤選手は「朝から体がふわふわして本当にいいタイムが出せるのかと思っていたがそこそこのタイムで泳げた。練習でもよい感覚でタイムも出ているので、かなり順調です」と手応えを感じていました。

男子200メートルバタフライは、日本記録を持つ瀬戸大也選手が決勝のレース前半をトップで折り返したものの、後半は合宿の疲れや泳ぎ込み不足でペースを急激に落とし6位でフィニッシュしました。

タイムは自身の日本記録より8秒余り遅い2分0秒72でした。

瀬戸選手は「後半はどうなってもいいと前半から積極的に行った。タイム自体は悪いが調子がよかったときのリズムに入れた瞬間があり収穫はあった。ネガティブにとらえず、一度疲れを抜いてオリンピック代表選考会に突っ走っていきたい」と受けて止めていました。

優勝は幌村尚選手で1分56秒80でした。