オートバイと原付きバイクが正面衝突 高校生2人死亡

21日未明、東京・世田谷区でオートバイと原付きバイクが正面衝突し、それぞれに乗っていた男子高校生2人が死亡しました。

警視庁の調べによりますと、21日午前3時20分ごろ、東京・世田谷区上野毛の道路でオートバイと原付きバイクが正面衝突しました。

この事故で、オートバイに乗っていた府中市の高校1年生、萩生田磨玖さん(16)と、原付きバイクに乗っていた中野区の高校1年生、出口凌馬さん(16)が病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

警視庁によりますと、2人は同じ都立高校に通う同級生で、当時、もう1人の友人とともにバイクに乗って遊んでいたとみられるということです。

現場は、東急田園都市線の二子玉川駅から東に800メートルほど離れた片側1車線のほぼ直線の道路で、警視庁は一緒にいた友人から話を聴くなどして当時の詳しい状況を調べています。