IT人材確保へ インドの大学生の採用検討する企業に支援広がる

デジタル技術で業務を変革するDX=デジタルトランスフォーメーションへの取り組みが求められる中、IT関連の人材確保が課題になっています。こうした中、IT人材を多く輩出しているインドの大学生の採用について検討する日本企業を支援する動きが広がっています。

このうち、東京都内のIT企業「スキルズ」は、日本企業と、理工系の名門として知られるインド工科大学の学生らをオンラインで結びインターンの募集などに役立ててもらう事業をことし4月から始めます。

大手の電機メーカーや衣料品チェーンなど20社程度の企業が参加する予定で、この会社では来年までに100社程度にまで増やしたいとしています。

西山直隆CEOは「インドの学生を採用したくてもアクセスが難しいという課題があった。日本の優れた技術への関心は高く、採用につなげていきたい」と話しています。

このほか、都内で人材紹介を手がける「フォースバレー・コンシェルジュ」も日本企業の採用担当者と一緒にインドの大学に行き、学生との面接の調整やPR方法をアドバイスするなどの採用支援を行うほか、JETRO=日本貿易振興機構もインド工科大学で日本企業の就職説明会を開くなど、IT人材の獲得の支援に向けた動きが広がっています。