ブルージェイズ自由契約の山口俊 ジャイアンツとマイナー契約

大リーグ、ブルージェイズから自由契約になっていた山口俊投手が、ジャイアンツとマイナー契約を結びました。

これはジャイアンツが20日、発表しました。

山口投手はブルージェイズと2年契約を結んでいましたが、大リーグ1年目だった昨シーズン2勝4敗、防御率8.06と結果を残せず、今月、キャンプに向けて渡米した直後に自由契約となっていました。

球団によりますと、山口投手とはマイナー契約で、今シーズンの年俸317万5000ドル、日本円でおよそ3億3500万円はブルージェイズが負担するということです。

山口投手は、すでにアリゾナ州で始まっているチームのバッテリー組のキャンプに招待選手として今後合流し、大リーグの40人枠を目指すことになります。

サンフランシスコを本拠地とするジャイアンツは、かつて日本選手として初めて大リーグでプレーした村上雅則さんや、新庄剛志さんなどが所属し、現在はプロ野球の巨人でもプレーしたゲーブ・キャプラー氏が監督を務めています。