テニス全豪オープン 大坂なおみ優勝 四大大会優勝は4回目

テニスの四大大会、全豪オープン女子シングルスの決勝で大坂なおみ選手が、アメリカの25歳、ジェニファー・ブレイディ選手にセットカウント2対0のストレートで勝って2年ぶり2回目の優勝を果たしました。四大大会の優勝は、去年の全米オープン以来4回目です。

世界ランキング3位の大坂選手は、20日の決勝で世界24位のブレイディ選手と対戦しました。

対戦成績は大坂選手の2勝1敗で、直近では去年の全米オープンの準決勝で大坂選手が勝っています。

20日は第1セット、お互いに深く攻撃的なショットを打ち合う激しいストローク戦となりましたが、サーブにミスが出た相手を大坂選手が鋭いリターンで崩し、6-4で取りました。

第2セットは、勢いに乗った大坂選手が力強いショットを見せてラリーで主導権を握る場面が増え、相手のサービスゲームを2つブレークして立ち上がりから一気に4ゲームを連取しました。

第5ゲームでは、ラインギリギリにコントロールされたショットでブレイディ選手にブレークを返されましたが、第6ゲーム以降は大坂選手が得意のサーブなどで盛り返してこのセットを6-3で取り、セットカウント2対0のストレートで勝っておととしの大会以来、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。

四大大会の優勝は、去年の全米オープン以来4回目です。

大坂「7回か8回 優勝したい」

大坂選手は試合後の記者会見で「本当に幸せに思う。この瞬間を目指してオフシーズンのトレーニングに取り組んできた。四大大会の決勝まで来たんだから準優勝で終わりたくないと、自分にプレッシャーをかけたことがうまくいったと思う」と振り返りました。

オフシーズンにはリターンを重点的に強化してきたということで「あまり力を入れすぎず、安定してボールを入れることや返球の位置が重要だった。リターンが助けになってサーブへのプレッシャーも減り精神的にもうまく作用した」と分析しました。

今後の四大大会に向けては「まずは5回目の優勝を目指していて、その後は7回か8回は優勝したいと思っている」と抱負を話しました。

次の四大大会はまだ優勝していない赤土のクレーコートで行われる全仏オープンで「優勝できたらいいなと思う。去年のプレーは悪くなかった。クレーコートのほうが芝のコートよりいいプレーができると思う」と、みずからに期待している様子でした。

対戦相手のブレイディ「誇らしいが 少し悲しい」

大坂なおみ選手に敗れたアメリカのジェニファー・ブレイディ選手は試合後の会見で「2人とも緊張していたと思うが、私は特に緊張していた。第1セットの中盤にかけて少しずつ落ち着いたが、自分の最高のプレーができず残念だ。きょうは風が強く気温も低かったので、ボールが少し重く感じられた。ボールがより高く弾む日中の試合に比べると、私にとってあまりいい条件ではなかった」と振り返りました。

大坂選手については「必要なときにいいショットを打っていた。サーブに自信があり、重要な場面でリスクを負って攻撃的なプレーができる手ごわい相手だ」と評価しました。

そして「四大大会の決勝に初めて勝ち上がることができて誇らしいが、優勝できなかったことは少し悲しい。複雑な気持ちだが、大会を通じたパフォーマンスには満足している。四大大会での優勝は手が届くところにあるし、高いレベルでのプレーに慣れることが大事だと思う」とさらなる飛躍を期していました。

ブレイディ選手は今大会、新型コロナウイルスの感染対策として入国後2週間外で練習できない最も厳しい隔離の対象となりましたが、この影響について聞かれると「四大大会の決勝に初めて進出できたので、隔離がなければ優勝できたかもしれない」とユーモアを交えて答えたうえで「オーストラリアの感染対策はすばらしく、去るのが少し悲しい」と話していました。