運転免許試験場で出題ミス 64人が繰り上げ合格に 警視庁

都内の運転免許試験場で行われた試験で、道路交通法の改正によって削除された規定について問う出題ミスがあったことが分かりました。警視庁はミスがあった問題について全員正解とし、いったんは不合格となった64人が繰り上げ合格したということです。

出題ミスがあったのは、去年12月から今月12日にかけて品川区の鮫洲運転免許試験場など都内の3か所で行われた試験です。

この中では、違法駐車を取り締まる際に使われていた「車輪止め」の規定に関する問題が出されましたが、違法駐車が減少したことから去年12月1日に道路交通法が改正され、この規定が削除されていました。しかし、その後も同じ問題が出されていたということです。

警察庁の指摘で発覚したもので、警視庁はミスがあった問題について全員正解とし、いったんは不合格となった64人が繰り上げ合格したということです。このうち、すでに再受験していた43人については、受験の手数料を返還するとしています。

警視庁運転免許本部は「今後は同じような事案が二度と発生しないよう、適正な学科試験問題の作成に努めます」とコメントしています。