ソフトバンクが携帯新料金プラン 月額2480円から KDDIに対抗

携帯電話大手のソフトバンクは、データ使用量が20ギガバイトで新たな料金プランの詳しい内容を発表しました。国内通話を除いて、月額の料金を2480円からに改め、KDDIに対抗するねらいです。

ソフトバンクは、データ使用量が20ギガバイトの新たな料金プラン「LINEMO(らいんも)」について、18日、詳しい内容を発表しました。

料金は月額2480円からとして、国内通話のサービスを利用者の希望に応じて追加する形に改めました。

去年12月の時点では、5分以内の国内通話の料金を含め月額2980円としていましたが、その後KDDIが2480円のプランを打ち出したため、これに対抗するねらいがあります。

新たな通信規格5Gにも対応したほか、グループになる予定のSNSアプリ・LINEの音声やビデオ通話の機能などが無制限で使えるようし、手続きの受け付けやサポートはLINEでするとしています。

3月17日から提供を始めるということで、ソフトバンクの寺尾洋幸常務は記者会見で「LINEとのシナジーを最大化し、8600万人のユーザーに最適な体験を届けたい」と述べました。

政府の値下げ要請を受けてNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社が打ち出した20ギガバイトのプランは、1回5分以内の国内通話の料金を含めた場合、月額2980円で横並びとなる形です。

携帯各社“20ギガ”の料金プランは

政府の値下げ要請を受けて、携帯電話大手3社はこれまでより割安な20ギガバイトの料金プランを打ち出したほか、去年新規参入した楽天も料金の引き下げに踏み切りました。

NTTドコモは、1回当たり5分以内の国内通話を含めて月額2980円の料金プランを来月26日から提供します。
海外82の国と地域でも、20ギガまでデータ通信ができるのが特徴です。

auのKDDIは月額2480円を基本に、国内通話などのオプションを追加する料金プランを、来月から提供します。
追加するオプションは1回5分以内の国内通話が月額500円、24時間にかぎりデータ使用量が無制限になるサービスが200円などとなっています。

このほか、楽天モバイルがことし4月1日から提供する新たな料金プランは、1か月間のデータ使用量に応じて段階的に料金が下がり、使用量が3ギガを超え20ギガ以下の場合、月額1980円とするなど、価格競争が激しくなっています。