「タイム」誌 次世代の100人 「鬼滅の刃」作者 吾峠呼世晴さん

アメリカの雑誌「タイム」は、さまざまな分野で世界をリードすると期待される「次世代の100人」を発表し、日本からは人気漫画「鬼滅の刃」の作者、吾峠呼世晴さんが選ばれました。

タイム誌は、2019年から、社会的な活動を行っている人や芸術家など、若い世代を中心にさまざまな分野で活躍が期待される人を「次世代の100人」として独自に選出して発表しています。

17日に発表された「次世代の100人」には、日本から、累計発行部数が1億部を超え社会現象にもなった人気漫画、「鬼滅の刃」の作者、吾峠呼世晴さんが選ばれました。

吾峠さんについてタイム誌は、この漫画が原作のアニメーション映画の興行収入が日本国内で上映された映画の歴代1位を記録したと指摘し「夢のようなことを成し遂げた」と称賛しました。

さらに吾峠さんの人柄について「主人公の少年のようにまじめで、正直で、責任感が強い」という編集者のことばを紹介しています。

ことしの「次世代の100人」にはこのほか、2019年、34歳でフィンランドの首相に就任したサンナ・マリン氏や、タイの王制改革などを求める反政府デモの中心人物で、人権派弁護士のアノン・ナムパー氏らが選ばれました。