低気圧発達 北海道では猛吹雪も 日本海側中心に暴風雪に警戒

発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、沿岸部を中心に風が強まり、北海道では猛吹雪となっているところがあります。17日は北海道から九州にかけての日本海側を中心に暴風雪に警戒するとともに大雪による交通影響にも警戒してください。

北海道で猛吹雪も

気象庁によりますと、発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、沿岸部を中心に広い範囲で風が強まり、北海道では、猛吹雪となっているところもあります。

午前6時までに観測された各地の最大瞬間風速は、
▽北海道の宗谷岬で33.3メートル、
▽北海道の増毛町で27.6メートル
▽秋田県能代市で26.9メートルなどとなっています。

日本海側を中心に雪も強まり、新潟県や山形県などでは午前6時までの6時間に20センチ以上の雪が降っています。

“ホワイトアウト”も 暴風雪に警戒

17日は北海道から九州の日本海側を中心に、雪を伴って非常に強い風が吹く見込みです。

17日に予想される最大風速は
▽北海道で28メートル、
▽東北と関東甲信、近畿、中国地方で23メートル、
▽九州南部で22メートル、
▽東海と四国、九州北部で20メートル、
▽北陸で18メートルとなっています。

最大瞬間風速は
▽北海道で40メートル、
▽そのほかの地域で30メートルから35メートルに達する見通しです。

北日本では猛吹雪や吹きだまりになるおそれがあり、いわゆる「ホワイトアウト」の危険性が高まります。

波も高く、北海道や東北、北陸の沿岸では大しけが続く見込みです。

北海道~九州 日本海側 大雪にも警戒を

また、強い寒気が流れ込んでいるため18日にかけては北海道から九州の日本海側を中心に断続的に雪が強まり、西日本では、平地でも雪が積もるところがある見込みです。

18日朝にかけての24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、
▽新潟県で80センチ、
▽北陸で70センチ、
▽北海道、東北、岐阜県、近畿で60センチ、
▽長野県と中国地方で50センチ、
▽四国と山口県を含む九州北部で30センチ、
▽九州南部でも5センチと予想されています。

さらに、19日朝にかけての24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで
▽新潟県で50センチから70センチ、
▽関東北部や近畿で40センチから60センチ、
▽東北と北陸、岐阜県、中国地方で30センチから50センチ、
▽北海道や四国、山口県を含む九州北部で10センチから20センチ、
▽九州南部で1センチから5センチと予想されています。

気象庁は、大雪による交通への影響に警戒するとともに、なだれや着雪にも十分注意するよう呼びかけています。