尖閣沖領海侵入 中国海警局の船4隻 領海外に 砲のような武器も

沖縄県の尖閣諸島の沖合で、15日から16日朝にかけて中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入しました。いずれもすでに日本の領海から出ましたが、このうち1隻には砲のような武器が搭載されていたということで、海上保安本部が警戒を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、15日から16日朝にかけて、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入し、領海内で日本の漁船に接近する動きを見せたということです。

海上保安本部によりますと、このうちの1隻には砲のような武器が搭載されていて、中国が外国の船舶に対する武器の使用を海警局に認める「海警法」が施行されて以降、大型の武器を搭載した船の領海侵入は初めてだということです。

4隻のうち、砲のような武器を搭載した船を含む2隻は16日午前10時ごろに、残る2隻も正午すぎに日本の領海から出ました。

午後0時半現在、4隻は日本の領海の外側にある接続水域を航行しているということで、海上保安本部が警戒を続けています。

加藤官房長官「砲らしきもの搭載船舶 過去2件確認」

加藤官房長官は、午後の記者会見で「砲らしきものを搭載した船舶は令和元年に1件、去年にも1件確認されたと承知している。尖閣諸島の事案に対して、海上保安庁の巡視船が退去要求を繰り返し実施するとともに、日本漁船がそこで操業している場合には、しっかりその操業を守るべく対応している」と述べました。

そのうえで「領海侵入が発生するたびに、夜中であろうと未明であろうと直ちにに厳重な抗議を行っている。引き続き、きぜんかつ冷静にひとつひとつの事案に対応していきたい」と述べました。

岸防衛相「警戒監視強める」

岸防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「中国海警局の船が、操業中の漁船を追う形で、尖閣諸島周辺のわが国の領域内に入ってきている。まずは海上保安庁が対応しているが、防衛省・自衛隊としても、しっかり警戒監視を強めていきたい。『海警法』は、国際法との整合性の観点から問題があり、断じて受け入れることができないという考えを強くメッセージとして伝えたい」と述べました。