低気圧急発達 北海道で数年に一度の猛吹雪のおそれ 厳重警戒を

発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本では非常に強い風が吹き、猛吹雪となっているところがあります。
17日にかけては北海道から九州の日本海側を中心に雪を伴って非常に強い風が吹き、特に北海道では数年に一度の猛吹雪となるおそれがあります。
暴風雪に厳重に警戒するとともに大雪による交通影響にも警戒してください。

北日本で猛吹雪も

気象庁によりますと、発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、広い範囲で風が強まり、北日本では非常に強い風が吹いて猛吹雪となっているところもあります。

午後10時までの3時間に観測された各地の最大瞬間風速は、
▽北海道のえりも岬で38.1メートル、稚内空港で30.3メートル、
▽山形県酒田市で30メートルなどとなっています。

“ホワイトアウト”も 暴風雪に厳重警戒

17日も北海道から九州の日本海側を中心に、雪を伴って非常に強い風が吹く見込みです。

17日にかけ予想される最大風速は
▽北海道で28メートル、
▽東北で25メートル、
▽関東甲信と近畿、中国地方で23メートル、
▽北陸と九州南部で22メートル、
▽東海と四国、九州北部で20メートルで、
最大瞬間風速は
▽北海道で40メートル、
▽そのほかの地域で30メートルから35メートルに達する見通しです。

波も高まっていて、北海道や東北、北陸の沿岸では大しけが続く見込みです。

北日本では、見通しの全くきかない猛吹雪や吹きだまりになるおそれがあり、いわゆる「ホワイトアウト」の危険性が高まります。

特に北海道の日本海側北部について、気象庁は「数年に一度の猛吹雪となるおそれがある」として外出を控えるよう呼びかけています。

暴風雪に厳重に警戒してください。

北海道~九州日本海側大雪にも警戒を

これから18日にかけて北海道から九州の日本海側を中心に雪が強まるため大雪にも警戒が必要です。

17日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで
▽新潟県を含む北陸で70センチ、
▽東北で60センチ、
▽北海道と東海で50センチ、
▽関東甲信と近畿、中国地方で40センチ、
▽四国と山口県を含む九州北部で20センチと予想されています。

その後、18日夕方にかけての24時間にはいずれも山沿いの多いところで
▽北陸や近畿で60センチから80センチ、
▽東北や新潟県、関東甲信、東海、中国地方で40センチから60センチ、
▽北海道と四国で20センチから40センチ、
▽山口県を含む九州北部で10センチから20センチの雪が降ると予想されています。

気象庁は、大雪による交通への影響に警戒するとともに、なだれや着雪にも十分注意するよう呼びかけています。

加藤官房長官「数年に一度の猛吹雪となるおそれも外出控えて」

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で「きょう午前8時現在で、人的被害の報告は受けていないが、猛吹雪、大雪による交通障害や施設への被害に警戒し、屋根からの落雪や雪崩に注意するとともに、気象情報や道路交通情報などに留意していただきたい。特に北海道の日本海側では、きょうは、数年に一度の猛吹雪となるおそれもある。外出は控えていただくようお願いしたい」と述べました。