震度6強 けが人 155人 “激甚災害指定で調査開始” 菅首相

各地の消防などによりますと、13日の地震では、これまでに東北と関東を合わせて155人がけがをしたということです。

東北の各県などによりますと、13日深夜の地震でけがをした人は、
▽福島県で83人
▽宮城県で52人
▽山形県で1人の合わせて136人で、いずれも命に別状はないということです。

宮城県はけが人の数を14日の段階では55人としていましたが、精査した結果として訂正しました。

いずれも命に別状はないということです。

また住宅は
▽福島県で1410棟
▽宮城県で186棟の合わせて1596棟が、一部損壊の被害を受けています。

関東甲信越で19人けが

また各地の自治体などによりますと、13日の地震で関東甲信越では15日午後1時現在、
▽栃木県で8人
▽神奈川県と茨城県でそれぞれ3人
▽千葉県と埼玉県でそれぞれ2人
▽群馬県で1人の合わせて19人がけがをしたということです。

栃木

栃木県では、8人がけがをしました。

このうち宇都宮市で30代と80代のいずれも女性2人が転んで軽いけがをしたほか、那須町で、女性1人が足に軽いすり傷を負いました。

那須烏山市では90代の男性がベッドから落ちて、太ももをけがして、骨折の疑いがあるほか、80代の女性は、地震直後に自宅から屋外に出ようとしたところ転んで、足首と肩の関節を痛める軽いけがをしたということです。
また、70代の男性が地震のあと停電がおきた際に、ブレーカーを戻そうとしたところ転倒し、太ももをけがして骨折の疑いがあるというです。

栃木市では80代の男性が停電している自宅で転び腰の骨を折るけがをしたほか、70代の男性が地震直後に自宅から外に出ようとした際に転んで、額を打つ軽いけがをしたということです。

神奈川

神奈川県内では、これまでに3人のけが人が報告されています。

県や横浜市によりますと横浜市戸塚区で80代の女性2人がそれぞれ自宅で転倒してけがをしたほか、横浜市港北区では、40代の男性が自宅で、階段から落ちて腰を打ったということです。

県などによりますと3人はいずれも軽傷だということです。

茨城

茨城県では3人がけがをしました。

県によりますと、震度4の揺れを観測した茨城県桜川市で、自宅にいた90代の男性の額に壁から落ちてきた額が当たり、出血したほか、同じく震度4の揺れを観測した龍ケ崎市でも、自宅にいた20代の女性が落ちてきた物で頭にけがをしたということです。

また、震度5弱の揺れを観測した土浦市を管轄する消防本部によりますと、地震に驚いた20代の女性が呼吸が苦しいと訴え、病院に搬送されたということです。

いずれも命に別状はないということです。

千葉

千葉県によりますと、震度4を観測した浦安市で50代の女性が地震に驚いて家の外に出ようとしたとろ、一時的に意識を失い、病院に搬送されました。

その後、意識は回復し、大きなけがはないということです。

また、震度3を観測した君津市で、80代の女性が地震に驚いて自宅で部屋の明かりをつけようとした際に転倒して足の付け根の骨を折る大けがをし、病院に運ばれて入院したということです。

埼玉

埼玉県によりますと、震度4を観測した東松山市で80代の女性が地震の際に階段から落ちて重傷だということです。

また、震度3を観測した越谷市では70代の女性が自宅で階段から転落し、肩を打つ軽いけがをしたということです。

群馬

群馬県によりますと、渋川市で80代の女性が地震に驚いてベッドから落ち、頭を打つなどして軽いけがをしたということです。

菅首相 「激甚災害の指定で調査開始」

菅総理大臣は、衆議院予算委員会で「激甚災害の指定は、公共土木施設や農地、中小企業などの被害状況を適切に把握する必要があることから、すでに調査を開始している。被害状況の把握を早急に行い、必要な対応はしっかり行っていきたい」と述べました。

加藤官房長官「受験生第一の立場で対応」

加藤官房長官は、午前の記者会見で「今回の地震により、大学受験生の受験機会が奪われることがあってはならない。文部科学省から各大学に対し、個別選抜において、被災地域の受験生らの受験機会を確保する観点から、追試験の実施などの対応を要請している。文部科学省を中心に受験生第一の立場に立って対応していきたい」と述べました。

“防災相 16日に福島県の現地視察へ” 官房長官

加藤官房長官は、午後の記者会見で「国会日程などの状況で変更はありえるが、あす、小此木防災担当大臣が福島県の現地視察を行う予定と聞いている」と述べました。