トランプ前大統領に無罪評決 連邦議会乱入事件めぐる弾劾裁判

アメリカの連邦議会への乱入事件をめぐりトランプ前大統領の責任を追及する弾劾裁判で、議会上院は13日、トランプ前大統領に無罪の評決を下しました。

先月6日、アメリカの連邦議会にトランプ前大統領の支持者らが乱入した事件を受けて、前大統領は「騒乱をあおった」などとして弾劾訴追され、議会上院で責任を追及する弾劾裁判の審理が今月9日から開かれていました。

弾劾裁判は13日午後、日本時間の14日朝、トランプ前大統領の弁護団や検察官役を務める民主党の下院議員などによる最終弁論をへてすべての審理を終え、陪審員役の上院議員が有罪か無罪かの判断を表明する評決に臨みました。

その結果、100人の議員のうち民主党系の50人と共和党の7人の合わせて57人が有罪と判断しましたが、有罪評決に必要な出席議員の3分の2には達せず、トランプ前大統領に無罪の評決が下されました。

アメリカの大統領として初めて2度弾劾訴追されたトランプ前大統領ですが、1度目に続き無罪評決を受けました。

弾劾裁判は全米にテレビ中継され、民主党側は事件当日の新たな映像を公開するなどして、多くの死傷者を出した乱入事件の責任は、支持者をあおるような言動を繰り返したトランプ前大統領にあると訴えました。

しかし、共和党の議員の多くはすでに退任した前大統領に対する弾劾裁判自体が憲法違反だとして無罪と判断し、共和党内で依然としてトランプ前大統領の影響力が根強いことを裏付ける形となりました。

トランプ前大統領 政治活動続ける考え示唆

弾劾裁判での無罪評決を受けてトランプ前大統領は13日声明を出し「弾劾裁判はアメリカ史上最悪の魔女狩りの続きで、これまでどの大統領も経験したことのないものだ。正義と真実のために努力を惜しまなかった弁護団などに感謝したい」と述べました。

そのうえで「アメリカを再び偉大にするための取り組みはまだ始まったばかりだ。数か月以内に私の考えを明らかにし、アメリカの偉大さを実現するためすばらしい旅を続けることを楽しみにしている」と述べ今後も政治活動を続ける考えを示唆しました。