菅首相「人的被害は確認中 今のところ大きな報告はない」

福島県沖を震源とする大きな地震があり、福島県と宮城県で震度6強の揺れを観測したことを受けて、菅総理大臣は、14日未明、記者団に対し、今のところ大きな人的被害の報告はないとしたうえで、今後も人命第一に対応していく考えを示しました。

菅総理大臣は、午前2時ごろ、総理大臣官邸で記者団に対し「昨日発生した地震による津波の心配はない。さらに、原子力関係でも異常の報告はなく、すべて正常だ。人的被害は確認中だが、今のところ大きな報告はない」と述べました。

そのうえで「人命第一に、今後も、しっかりと対応していきたい。午前9時から関係閣僚会議を開いて、状況の報告を受け、さらに、しっかりとした対応を行っていきたい」と述べました。

そして、揺れの強かった地域の住民に対し「深夜なので、とにかく出歩かないで、さらに余震に備えていただきたい」と呼びかけました。