震度6強 気象庁会見 今後の注意点や地震の特徴を指摘

宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した地震について、気象庁は午前1時過ぎに記者会見を開き、今後の注意点や地震の特徴について指摘しました。

気象庁の鎌谷紀子地震情報企画官は「揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている。今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り、危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてほしい。今後1週間程度は、最大震度6強程度の揺れを起こす地震に注意してほしい」と呼びかけました。

地震の特徴については「2011年に東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震と考えられる。余震が起きている範囲では地震活動は全体として徐々に低下する傾向にあるが、年間の発生数は巨大地震の前よりも多い状態が続いていて、引き続き注意が必要だ」と述べました。

また、広範囲で強い揺れが観測されたことについて「マグニチュード7.3と規模が大きく、震源が55キロと深かったため広い範囲で強い揺れになったと考えられる」と述べました。

今後の注意点については「夜間の時間帯は、やむをえない事情が無い限り、危険な場所には立ち入らず、身の安全を確保してほしい。停電している地域では、落ちて割れた食器などでけがをする可能性もあるため、明るくなってから片づけを始めるようにしてほしい」と呼びかけました。

また「眠っているときに大きな地震が発生することもあるので、休む場所の周辺をもう一度確認してほしい。確率は低いが、今回の地震よりも大きな地震が発生する可能性もあるため、今後の地震の情報にも注意してほしい」と呼びかけました。