福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を

13日夜遅く、福島と宮城で震度6強の激しい揺れを観測する地震があった福島県沖では、その後も地震が相次いでいます。気象庁は、今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

13日夜11時すぎ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震がありました。

この地震で、▽震度6強の揺れを宮城県蔵王町、福島県の相馬市、国見町、新地町で観測しました。

また、▽震度6弱の揺れを宮城県と福島県の各地で、▽震度5強の揺れを宮城県と福島県、それに栃木県の各地で、▽震度5弱の揺れを福島県と宮城県、岩手県、山形県、栃木県、茨城県、それに埼玉県の各地で観測しました。

このほか、震度4から1の揺れを北海道から中国地方にかけての広い範囲で観測しました。

気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で震源の深さは55キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定されています。

この地震による津波はありませんでした。

その後も福島県沖を震源とする地震が相次いでいて、14日午後6時までに、
▽震度4の揺れを観測する地震が1回、
▽震度3が2回、
▽震度2が10回、
▽震度1が22回、
発生しています。

地震の影響で、建物が壊れたり、土砂災害が起きたりしているところがあります。

気象庁は、今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

また、15日は低気圧が発達しながら東北の沖合を通過する影響で、福島県や宮城県や関東地方では風が強まり、激しい雨が降るおそれもあります。ふだんより土砂災害が起きやすくなっているため、急な斜面には近づかないことが大切です。

宮城県 福島県で震度6強以上は10年前の平成23年以来

気象庁によりますと、宮城県で震度6強以上の揺れを観測するのは、10年前の平成23年(2011年)4月7日、宮城県沖を震源とするマグニチュード7.2の地震で震度6強の揺れを観測して以来です。

また、福島県で震度6強以上の揺れを観測するのは、平成23年(2011年)3月の東日本大震災を引き起こした巨大地震の際に震度6強の揺れを観測して以来です。

国内で震度6強以上の揺れを観測するのは、おととし(平成31年)6月、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震で新潟県村上市で震度6強の揺れを観測して以来です。

専門家「今後1週間程度は同程度の激しい揺れに注意が必要」

今回の地震について、地震のメカニズムに詳しい、東京大学地震研究所の古村孝志教授は、「震源の場所やメカニズムからみて陸側のプレートに沈み込む太平洋プレートと呼ばれる岩盤の内部で起きた地震とみられる。比較的震源が深いため津波の被害の心配はないが、規模が大きく、広い範囲で強い揺れを引き起こしたとみられる。この領域では、以前から地震活動が活発な事に加え、東北沖の巨大地震の影響も残っている。今後1週間程度は同程度の激しい揺れに注意が必要だ」と話しています。

強い揺れあった地域 建物の被害や片づけに注意

震度6強など強い揺れがあった地域では、建物の被害や片づけに注意が必要です。

耐震性が低かったり老朽化が進んでいる住宅などの建物は、地震による大きな揺れで倒壊など被害を受けるおそれがあります。

迅速な避難が難しい夜間や、建物のきしむ音がしたり、壁に亀裂やひび割れが入っているなど、不安な場合は避難所や近くの頑丈な建物で過ごしてください。

この際は、ほかの建物やブロック塀に注意してください。

揺れで弱くなっている可能性があります。