日銀審議委員 厳しい経営環境の地方銀行「再編も選択肢の1つ」

日銀の政策を決めるメンバーの中村豊明 審議委員は、記者会見で、厳しい経営環境にある地方銀行にとっては再編も選択肢の1つだという認識を示しました。

日銀の中村審議委員は、高知県の経済団体などとの懇談会に本店からオンラインで出席したあと、記者会見しました。

この中で、高知県内での地方銀行の再編について考え方を問われたのに対し、中村審議委員は「長い目で見ると低金利の長期化や人口減少の影響を受けている。足元で不透明感が強まる中、地域経済が持続的に発展するには、再編も選択肢の1つだ」と指摘しました。

そのうえで「金融機関が自分で判断すると思うが、経営統合やほかの業界との提携で経営基盤を強化する可能性はあると思う。引き続き地域経済を支える中心的な役割を果たしていただくことを期待している」と述べました。