橋本五輪相 “森氏 会長職の処遇は組織委判断で” 衆院予算委

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の発言について、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、衆議院予算委員会で「発言はあってはならなかった」と重ねて述べたうえで、森氏が会長職にとどまるかどうかは組織委員会が判断すべきだという考えを示しました。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の発言について、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、9日の衆議院予算委員会で「東京大会をつかさどる責任者という立場で、発言はあってはならなかった。しっかりと説明責任を果たし、信頼される東京大会にするべく努力していただきたい」と述べました。

そのうえで「森会長の辞める、辞めないという処遇については、大会組織委員会の理事会や評議員会において、検討していただくことになると思っている」と述べ、森氏が会長職にとどまるかどうかは、組織委員会が判断すべきだという考えを示しました。

一方、東京オリンピック・パラリンピックのボランティアの辞退が相次いでいることをめぐり、自民党の二階幹事長が「落ち着いて静かになったら考えも変わるだろう」などと発言したことについて、橋本大臣は「真意は把握していないが、不快な思いをして『この大会には協力ができない』と辞退されたことは、非常に重い。そうした中で不適切な発言だったと思う」と述べました。
また麻生副総理兼財務大臣は「真意がよくわからないが、1番肝心なことは、ボランティアは、大きな大会に必要な大きな力で、そういった方々に対する敬意に欠いている感じがする」と述べました。

森会長の発言をめぐって質問に立った立憲民主党の女性議員3人は、いずれも白い服を着用し「女性の政治参画を象徴する色だ」などと説明しました。