株価 2万9000円台を回復 約30年6か月ぶり

8日の東京株式市場は、世界的な景気回復への期待などから買い注文が広がって、日経平均株価は取り引き時間中としては1990年8月以来、およそ30年6か月ぶりに2万9000円台を回復しました。

8日の東京株式市場は、アメリカで新型コロナウイルスに対応する追加の経済対策が早期に成立することへの期待などを背景に取引開始直後から買い注文が広がりました。

日経平均株価は先週末の終値に比べて一時、600円以上値上がりし、取り引き時間中としては1990年8月以来、およそ30年6か月ぶりに2万9000円台を回復しました。

▽日経平均株価、午前の終値は、先週末の終値より598円99銭高い、2万9378円18銭。
▽東証株価指数=トピックスは32.54上がって1923.49。
▽午前の出来高は8億713万株でした。

市場関係者は「日本の企業の決算発表で、製造業を中心に業績予想の上方修正が相次いでいることや、アメリカやイギリスでワクチンの接種が進んでいることも、幅広い銘柄の買い注文につながっている」と話しています。

加藤官房長官「市場動向は注視 経済財政運営に万全期す」

加藤官房長官は、午前の記者会見で「株価の動向についてはコメントを控えている。引き続き、市場動向はもちろん注視していくし、経済財政運営に万全を期していきたい。今年度の第3次補正予算の執行をしっかり進めていく」と述べました。