千葉 12月末以降で県内8例目の鳥インフル確認 25万羽処分へ

千葉県匝瑳市の養鶏場で複数のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。千葉県内で鳥インフルエンザが確認されるのはこの1か月半で8例目で、県は、この養鶏場のニワトリおよそ25万羽の殺処分を進めることにしています。

千葉県によりますと、7日正午、匝瑳市の養鶏場から「飼育しているニワトリが複数死んでいる」と連絡があり、遺伝子検査を行ったところ、8日、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。

これを受けて、千葉県はこの養鶏場のニワトリおよそ25万羽の殺処分や周辺の消毒を進めることにしています。

また、県はこの養鶏場から半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷などを禁止する「搬出制限区域」としました。

千葉県では去年12月末以降、大規模な鳥インフルエンザの発生が相次いで確認されていて、これで8例目となります。