千葉 多古町 今シーズン 県内7例目 養鶏場で鳥インフルエンザ

千葉県多古町の養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出され、県は115万羽余りの殺処分を7日から始めることにしています。鳥インフルエンザウイルスの確認は今シーズン、県内で7例目となります。

千葉県によりますと、6日、多古町の養鶏場から「ニワトリ6羽が死んでいる」と連絡があり遺伝子検査を行った結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

県はこの養鶏場のニワトリ115万羽の殺処分を7日から始めることにしています。

また、この養鶏場の▽半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、▽半径10キロ以内をその地域から外への搬出を禁止する「搬出制限区域」に指定するとともに、養鶏場周辺で畜産関係車両の消毒を行うことにしています。

千葉県内では今シーズン、鳥インフルエンザが過去に例のないペースで確認されていて、今回で7例目となります。

県は、7日午前9時半から対策本部会議を開いて、対応を協議することにしています。