スキー モーグルW杯 デュアルモーグルで杉本が自己最高4位

スキーフリースタイル、モーグルのワールドカップは5日、アメリカでデュアルモーグルが行われ、男子では26歳の杉本幸祐選手が自己最高となる4位に入りました。

モーグルのワールドカップ第5戦は5日、アメリカのユタ州で2人の選手が同時に滑って競うデュアルモーグルが行われました。

このうち男子では、26歳の杉本選手がトーナメントを順当に勝ち上がり3位決定戦でフランスの選手に敗れたものの、ワールドカップでは自己最高となる4位に入りました。

このほか今シーズンの初戦で優勝した堀島行真選手は9位、藤木豪心選手が24位、松田颯選手が35位でした。

一方、女子は冨高日向子選手が7位、星野純子選手が10位、前回の第4戦で2位に入った川村あんり選手が14位、柳本理乃選手が19位、前回、初の表彰台となる3位に入った住吉輝紗良選手が22位、伊原遥香選手が23位でした。

今大会、男子はカナダのミカエル・キングズベリー選手、女子はアメリカのカイ・オーエンス選手が優勝しました。