米 1月の雇用統計 失業率は6.3%に 前月から0.4ポイント改善

アメリカの先月の雇用統計が発表され、失業率は6.3%と、前の月から0.4ポイント改善しました。
ただ新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続いている地域もあり、雇用環境は予断を許さない状況が続きそうです。

アメリカ労働省が5日発表した先月の雇用統計によりますと、失業率は6.3%となり、前の月から0.4ポイント改善しました。

また、農業分野以外の就業者は前の月と比べて4万9000人増え、2か月ぶりに増加に転じました。

これは、経済活動の再開を進める地域などで、雇用を増やす動きが出てきたためとみられます。

ただ、業種別では「飲食・娯楽」や「小売」それに「輸送・倉庫」の就業者が減少し、失業者の数は今も1000万人を超えています。

アメリカでは、新型コロナウイルスのワクチンが普及することへの期待もありますが、感染拡大の影響で飲食店の営業制限などが続いている地域もあり、雇用環境は依然予断を許さない状況が続きそうです。