NHK元職員 懲戒免職相当 パソコンなど不正受領 刑事告訴の方針

NHK報道局総務部の元職員が、在職中の去年、上司に無断で、取引先にノートパソコンなどおよそ530万円分を発注し、不正に受け取っていました。NHKは元職員を懲戒免職相当にすることを決め今後、刑事告訴する方針です。

NHK報道局総務部の30歳の元職員は、在職中の去年9月から10月にかけて上司に無断で、取引先3社にノートパソコンやハードディスクなど35点、合わせて529万4718円分を発注し、不正に受け取っていました。

元職員は当時、局内の備品の整備や管理などを担当していて、発注した物品と取引先からの請求書を自分で直接受け取る一方、支払いの手続きをせず、引き延ばしていました。

元職員は、不正が発覚する前の去年11月に依願退職していてNHKは、5日、懲戒免職相当にすることを決めるとともに、元職員が調査に応じておらず弁済の意思を示していないことから、刑事告訴する方針で警察に相談を始めています。また、上司である部長を厳重注意としました。

そのうえで、再発防止策として報道局総務部では、物品の発注手続きを厳格化し、取引先との発注ルールを確認・徹底することにしています。

NHKは「職員としてあるまじき行為であり、厳しく対処すべきと判断しました。視聴者の皆様に深くおわびいたします。再発防止に向け、業務管理を一層徹底してまいります」とコメントしています。