英 中国国営テレビの英語放送 免許取り消しと発表

イギリスのメディア規制当局は中国国営の中国中央テレビの英語放送について、中国共産党の統制などを理由にイギリス国内での放送免許を取り消したと発表しました。

イギリスの独立した規制機関、放送通信庁は4日、中国国営の中国中央テレビの英語放送、CGTNについてイギリス国内での放送免許を取り消したと発表しました。

放送通信庁の調査によりますと、CGTNを放送するための免許を保有してきた中国のメディア会社は放送の編集権を持っていないとしています。

調査を受けて免許を別の会社に移す申請があったものの、この会社は中国共産党の統制を受けていて移管は認められず、最終的に「免許をもつ事業者は政治団体に影響されてはならない」というイギリスの放送法に違反するとして免許の取り消しを決めたということです。

放送通信庁は、免許の取り消しは表現の自由を著しく妨げることになるため、法律に従うための十分な機会を提供したものの改善されなかったとしています。

また、今回の決定とは別に放送通信庁は、香港での抗議活動をめぐる去年のCGTNの報道が公平性の観点から放送規約に違反したなどとして処罰を検討していることも明らかにしました。

CGTN「遺憾の意を表明し断固反対する」

イギリスのメディア規制当局が国内での放送免許を取り消したと発表したことについて、CGTNは5日「遺憾の意を表明するとともに断固反対する」とする声明を出しました。

声明では「われわれは調査に積極的に協力し、適切な解決策を探ってきた。しかし、イギリスのメディア規制当局はCGTNの18年にわたるイギリスでの優良な放送の記録を無視し、許可を取り消した」などと非難しています。

一方、中国外務省は4日、イギリスの公共放送BBCが先月29日に放送した新型コロナウイルスに関するニュースで偽の情報を流したとして、北京に駐在するBBCの責任者に抗議したと発表しました。

この中で中国外務省は、BBCがテロ対策の演習の動画を、中国の保健当局が暴力的な法執行で人権を侵害しているニュースとして放送したなどと指摘しています。