「キネマ旬報ベスト・テン」日本映画1位に「スパイの妻」

去年を代表する映画を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」の部門ごとの1位の作品と個人賞が発表され、日本映画では黒沢清監督の「スパイの妻」が1位になりました。

映画専門誌の「キネマ旬報」が主催するこの賞は、1年を代表する映画を映画評論家などが投票によって選ぶ日本で最も歴史がある映画賞で、4日、日本映画や外国映画など部門ごとの1位の作品と、監督や俳優などに贈られる個人賞が発表されました。

今回は、受賞の発表と無観客での表彰式を初めてオンラインで配信し、このうち日本映画では、黒沢清監督の「スパイの妻」が1位になりました。
この作品は、太平洋戦争の直前に国家機密を偶然知ってしまい、正義のために世間に公表しようと暗躍する男性とその妻の物語で、黒沢監督はこの作品でイタリアのベネチア国際映画祭で監督賞に選ばれています。
黒沢監督は、1位に選ばれたことについて「戦争という非常に重たいテーマを中心に据えながら、サスペンスやメロドラマなど娯楽映画の構造を同時に実現したのは日本映画にこれまであまりなかったので、その目新しさを含めて評価されたのかと思います」と語りました。

一方、外国映画ではポン・ジュノ(奉俊昊)監督の「パラサイト 半地下の家族」が1位になり、外国映画監督賞もポン・ジュノ監督が受賞しています。

また、日本映画監督賞は、去年4月に亡くなり「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」が遺作となった大林宣彦監督が選ばれました。

各部門で2位以降に選ばれた作品は、5日に発売される「キネマ旬報」の誌面で発表されます。