東京五輪・パラ組織委 森会長 女性めぐる発言を撤回し謝罪

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が、JOC=日本オリンピック委員会の評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し、国内外から批判の声が上がったことを受け「オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」として発言を撤回し謝罪しました。

東京大会の組織委員会の森会長は3日、JOCの評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し、国内外から批判の声が上がっていました。

これを受けて森会長は4日午後、都内の組織委員会のオフィスで報道陣の取材に応じ「きのうの発言については、オリンピックパラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」として発言を撤回し謝罪しました。

JOCは、規定で女性の理事の割合を40%以上とすることを目標としていて、森会長は「ガバナンスに対しては数字にこだわると運営が難しくなることもある。私が知っている理事会の話を引用してああいう発言になった」と釈明しました。

また、森会長は、みずからの進退についての質問に対し「辞任する考えはありません」と述べ、辞任する考えのないことを明らかにしました。

さらに報道陣から国内外から森会長が組織委員会のトップをしているオリンピックは見たくないと声が上がっていることについてどう受け止めているかを問われると「謙虚に受け止めている。だから発言を撤回するといっている」と話しました。

以下、午後2時から報道陣の取材に応じた森会長の発言です。

発言撤回し謝罪

森会長はまず「きのう、JOCの評議員会のなかでの発言については、オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な発言だ」として発言を撤回し謝罪しました。

“辞任の考えない”

また、森会長は、みずからの進退についての質問に対し「辞任する考えはありません」と述べ、辞任する考えのないことを明らかにしました。

“女性が活躍 大変感謝”

そのうえで「オリンピックにおいて男女平等が明確に記されている。女性が活躍していて大変感謝している。組織委員会のことを申し上げたことでないことは皆さんもご承知いただいていると思う。オリンピックにおいて関係者一同が頑張っている中で支障があるようになってはいけない」と述べました。

IOCへの説明 “必要ない”

今回の発言について、IOC=国際オリンピック委員会に説明する考えはあるか問われた森会長は、「それは必要ない」と述べました。

“理事会の話を引用した”

森会長は、「ガバナンスに対しては数字にこだわると運営が難しくなることもある。私が知っている理事会の話を引用してああいう発言になった」と釈明しました。

田村淳さんの聖火ランナー辞退について

森会長は、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが森会長の発言を理由に聖火ランナーの辞退を表明したことについて「人気のあるタレントは人の集まるところはご遠慮してほしいと思い、どう避けられるかという例で言った。何もないところだと田んぼしかない、という話を紹介しただけだ」と釈明しました。

“最近女性の話は聞かないからわからない”

女性の話は長いと考えているのかと問われた森会長は「最近女性の話は、聞かないからわからない。私も話が長いほうなので」と答えました。

“謙虚に受け止め発言撤回”

国内外から森会長が組織委員会のトップをしているオリンピックは見たくないと声が上がっていることについてどう受け止めているかを問われ「謙虚に受け止めています。だから発言を撤回するといっています」と話しました。