「女性が多い理事会は時間がかかる」五輪・パラ組織委 森会長

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長がJOC=日本オリンピック委員会の評議員会で女性の理事を増やす目標に対して「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言しました。

JOCは、3日午後、臨時の評議員会を開きオンラインも含めて51人が参加するなかで、ことし6月の役員改選に向けた規定の改正が報告され、女性の理事の割合を40%以上にする目標も示されました。

評議員会に出席した東京大会組織委員会の森会長は、会合の最後にあいさつし、女性の理事を増やす目標に対して「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言しました。

そのうえで、自身が会長や名誉会長を歴任した日本ラグビー協会で女性の理事が増えていることを例にあげ「今までの倍、時間がかかる。女性というのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげて言うと自分も言わなきゃいけないと思うのだろう。それでみんな発言する」などと述べました。

JOCの評議員会はふだん報道各社に公開されていますが緊急事態宣言が出されている中で、3日の会合は各社に映像が配信され、森会長の発言に対しては出席者から指摘などは出ませんでした。

JOC山口香理事「残念でならない」

森会長の発言について、JOC=日本オリンピック委員会の山口香理事が取材に応じ「多様性の重視が東京大会のコンセプトに含まれている中で、組織委員会のトップがこのような考えを持っていることが世界に発信されたことは残念でならない」と話しました。

これまでスポーツ界での女性の登用に尽力してきた山口理事は、3日のJOCの評議員会にオブザーバーとしてオンラインで参加していたということで、「初めに発言を聞いたときはおっしゃっている意図が理解できなかった」と振り返り「理事会が時間がかかる」という発言については「女性が入ることで議論が活発化したのであれば、喜ぶべきことだ」と述べました。

そのうえで東京オリンピック・パラリンピックへの影響については「中止や延期を求めている方が多いと感じているなかで、オープンな議論を行うことで国民に安心感を与えたり、世界にメッセージを出したりすることが大事だと思ってきた。今回の発言は議論をすること自体を否定することにもなり、大会のイメージがダウンしかねないと思う。国民やアスリートを巻き込んだオープンな議論を行い、それを見ていただいて信用を回復し、『応援していこう』という機運を高めていくことができるかどうか探っていくしかない」と話しました。

日本ラグビー協会「性別にかかわらず活発な議論」

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の発言について、日本ラグビー協会は「背景が分かりかねるのでコメントは差し控えるが、当協会の理事会では性別にかかわらず活発な議論が行われている」としています。

森会長は発言の中で、日本ラグビー協会で、女性の理事が増えていることを例にあげて、理事会について「今までの倍、時間がかかる」などとも述べています。

協会によりますと19人の理事のうち、現在5人が女性で、協会は森会長のこの発言については「そのような認識はありません」としています。

全柔連 溝口紀子さん「森氏にはジェンダーバイアス解消を」

バルセロナオリンピック、柔道女子52キロ級で銀メダルを獲得し、現在は全日本柔道連盟で評議員を務める溝口紀子さんは森会長の発言についてインターネット上にコメントを書き込みました。

この中で溝口さんは「女性理事の『発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらない』のは、女性理事の問題ではなく、会議進行役の手腕によるものだと思います」とコメントしました。

そのうえでみずから所属する柔道の連盟を例にあげ「かつての全柔連は、これまで男性中心のトップのイエスマンで構成され、閉塞(へいそく)的な『内輪のルール』のみによって運営されていました。法令遵守よりも組織内の慣習や人間関係への配慮が優先され、選手選考や公金不正などガバナンスに問題があると指摘されました」と紹介しました。

そして「現在、再発防止策として、スポーツ界ではスポーツ団体ガバナンスコードの実務的な運用がされています。とりわけ『女性理事の目標割合を40%以上』を設定することで、会議を活性化することが求められています。森氏には五輪組織委員会のトップとしてジェンダーバイアスを解消し、オリンピズムの実現、スポーツガバナンスの模範となるべく、発信力を発揮してほしいと思います」と締めくくりました。