河井案里議員 辞職願提出「控訴申し立てはしない」とコメント

おととしの参議院選挙をめぐり、公職選挙法違反の罪で東京地方裁判所から有罪判決を言い渡された河井案里参議院議員は、3日午後、山東参議院議長あてに議員辞職願を提出しました。

参議院議員の河井案里被告は、おととしの参議院選挙で、夫で元法務大臣の克行被告とともに、公職選挙法違反の買収の罪に問われ、東京地方裁判所は1月21日、地元議員らに現金を渡したのは買収が目的だったと認め、懲役1年4か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

これを受けて案里議員は、判決に対する控訴の期限が4日に迫る中、3日午後、秘書を通じて山東参議院議長あてに議員辞職願を提出しました。

案里議員は、参議院広島選挙区選出の47歳。

県議会議員を経て、おととしの参議院選挙で、定員2人の広島選挙区に、自民党の2人目の候補として当時の現職とともに擁立され、保守分裂の激しい選挙戦の末に初当選しました。

去年6月、今回の事件をめぐる検察当局の捜査が進む中、党に迷惑をかけたくないとして自民党を離党し、直後に逮捕・起訴されましたが、裁判では無罪を主張してきました。

案里議員の辞職は、近く参議院本会議で認められる見通しで、辞職が認められれば、公職選挙法の規定に基づき、参議院広島選挙区では、吉川元農林水産大臣の辞職に伴う衆議院北海道2区や、立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去に伴う参議院長野選挙区と同じく、4月25日に補欠選挙が行われることになります。

「控訴申し立てはしない」

議員辞職願を提出した河井案里参議院議員は、コメントを発表し、東京地方裁判所が言い渡した有罪判決に対しては、控訴しない考えを明らかにしました。

この中で、案里議員は、東京地方裁判所の判決について「有権者や国民、関係者に多大な迷惑と心配をおかけしたことを心からおわび申し上げる」と陳謝しています。

そのうえで「判決の内容には納得しかねる。金員で人の心を買うことはできないというのは私の信念であり、これまでの政治生活で有権者を裏切るようなことは決してしていない。しかし、たとえ1審でも信頼を回復できなかったことは政治家として情けなく、政治的責任を引き受けるべきと考えている」としています。

そして「これ以上、争いを長引かせ混乱を生じさせることも私の本意ではなく、控訴申し立てはしない」として、判決に対して控訴しない考えを明らかにしました。

また、広島高等検察庁が、案里議員の当選を無効にするよう求めている行政訴訟については「私自身の議員の身分に関わることで、私の陣営で生じたことであり、政治責任をとるべきだと判断し、争うことはしない」としています。

一方で、みずからの説明責任については「本来であれば説明の義務を負うところだが、河井克行・元法務大臣に対する公職選挙法違反の事件が審理中であるため、詳しい説明はかなわない」としています。

有罪確定で5年間 公民権停止に

河井案里議員が控訴しないことを明らかにしたことによって、控訴期限の4日までに検察も控訴しなければ、有罪判決が確定することになりました。

有罪判決が確定すれば、案里議員は5年間、公民権が停止され、立候補が禁止されることになります。