ミャンマー クーデター対応 国連安保理 声明で各国の調整続く

ミャンマーのクーデターへの対応を話し合う国連安全保障理事会の緊急会合が開かれ、議長国のイギリスは声明の草案を提示しましたが、各国の意見がまとまらず、調整に時間がかかっています。

国連の安全保障理事会は2日、緊急のオンライン会合を非公開で開きました。

国連によりますとミャンマー問題を担当するバーグナー特使は、クーデターによって全権を掌握するなどした、ミャンマー軍の行為を憲法違反だと非難したうえで「安保理が事態のさらなる悪化を防ぐよう要求すべきだ」と述べ、安保理がミャンマー軍に対して自制を働きかけるよう求めたということです。

また、議長を務めるイギリスのウッドワード国連大使は、会合の後、記者団にクーデターに多くの国から懸念の声が上がったことを明らかにしました。

一方、中国の国連代表部によりますと会合で中国は「安保理は、ミャンマーの政治と社会の安定に貢献し、事態の複雑化と緊張の高まりを避けるべきだ」と表明し、内政干渉すべきではないという立場を示したということです。

議長国のイギリスは、クーデターを非難し拘束者の解放と議会の開始を求める立場で、2日、安保理としての一致した対応を示す声明の草案を各国に提示しましたが、これまでのところ各国の意見がまとまらず調整に時間がかかっています。