農水省元事務次官 長男殺害 2審も実刑判決 東京高裁

農林水産省の熊澤英昭元事務次官(77)が長男を殺害した罪に問われた裁判で、2審の東京高等裁判所は、正当防衛には当たらないとして無罪の主張を退け、1審に続いて懲役6年の実刑判決を言い渡しました。

農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(77)は、おととし6月、東京 練馬区の自宅で44歳の長男を包丁で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われました。

1審では起訴された内容を認めて懲役6年の実刑判決を言い渡され、2審では主張を一部変えて「殺されると直感し、反射的に殺害に及んでいて、正当防衛に当たる」などとして、無罪を主張していました。

2日の2審の判決で東京高等裁判所の三浦透裁判長は「長男は被告を追いかけたり、攻撃するような動きは見せておらず、危害を受ける危険性は迫っていなかった」と指摘し、正当防衛には当たらないと判断しました。

そのうえで「強固な殺意に基づく危険な行為だとした1審の判断に誤りはない」として、被告の控訴を退け、1審に続いて懲役6年の実刑を言い渡しました。