食用油 春から値上げ 大手メーカー3社が発表

食用油メーカーの大手3社は、原料の大豆などの価格が天候不順で上がっていることから、3月から4月にかけて家庭用と業務用の食用油を値上げすると発表しました。

このうち「昭和産業」は「キャノーラ油」など家庭用の食用油6品目を、3月1日に納入する分から、1キログラム当たり30円以上値上げします。

また「J‐オイルミルズ」は「AJINOMOTOさらさらキャノーラ油」など家庭用の17品目を、4月1日に出荷する分から1キログラム当たり30円以上値上げします。

「日清オイリオグループ」は家庭用の「日清キャノーラ油」など23品目を、4月1日に納入する分から1キログラム当たり20円以上値上げします。

3社は業務用の商品も同じ水準で値上げすることにしています。

理由について各社は、原料の大豆や菜種の仕入れ価格が、主な産地である北アメリカや南アメリカの天候不順で値上がりしていることや、中国で食用油の需要が拡大していることなどをあげています。