ミャンマー スー・チー氏拘束 ロイター通信

ロイター通信は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問や与党の幹部が相次いで拘束されたと、与党の報道官の話として伝えました。

ミャンマーの与党NLD=国民民主連盟の報道官はロイター通信の取材に対して1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問やウィン・ミン大統領のほか与党の幹部が相次いで拘束されたと明らかにしました。

また、ミャンマーの国営テレビは「技術的問題を抱えている」として放送を止めているほか、最大都市のヤンゴン市内ではインターネットが使えない状態になっています。

ミャンマーでは、去年11月、5年に1度の総選挙が行われ、NLDが改選議席の8割以上を獲得して圧勝した一方で、旧軍事政権の流れをくむ野党が大きく議席を減らしました。

この総選挙をめぐって、ミャンマーの国軍は、有権者名簿に数百万人に上る名前の重複が見られるなど、多くの不備や不正があったと訴え政府や選挙管理委員会に対して調査や対応を迫っていました。

1日からの総選挙後初となる議会の開会を前に、31日夜も「このまま次のステップに進むべきではない」などと声明を出していました。

ヤンゴン 大きな混乱確認できず

AP通信はミャンマーの最大都市ヤンゴンの現在の様子だとする映像を、現地時間の1日午前7時すぎから中継で伝えています。

映像は建物の一室から窓越しに街を見下ろすように撮影されていて、バスや乗用車、それに歩行者が行き交う様子がわかります。

AP通信は現地の映像は、アウン・サン・スー・チー氏が拘束された後のものだとしていますが、映像からは大きな混乱は確認できません。