ロッテ 井口監督 自主トレの選手視察 沖縄 石垣島

プロ野球ロッテの井口資仁監督は、2月1日から始まる沖縄 石垣島での春のキャンプを前に、現地で自主トレーニングを行う選手たちの様子を視察しました。

ロッテの井口監督は30日、石垣島に入り、31日は午前中、全体ミーティングを行ったあと自主トレーニングをする選手たちの様子を視察しました。

その後、取材に応じた井口監督は「ミーティングでは、去年は1点差のゲームで負けていることが多かったので、どうやったら全員で1点を取りにいけるか、どう守り抜けるかについて話をした。ことし優勝するために、しっかりと石垣島でいいキャンプを送れるよう頑張っていきたい」と意気込みを示しました。

今回は新型コロナウイルスの感染拡大で現地の医療がひっ迫する中、無観客でのキャンプとなりました。

ロッテでは、選手やスタッフなどチーム関係者は不要不急の外出をしないことや、1週間に1回程度、PCR検査を受けながら、キャンプでの調整を続けることにしています。

井口監督は「本当にいろいろな意味でひっ迫している状況の中、石垣島でキャンプをさせてもらえる。万全の対策でキャンプを過ごしたい」と話していました。