東電柏崎刈羽原発 安全対策工事 終了発表も実際は終わらず陳謝

東京電力は再稼働を目指す柏崎刈羽原子力発電所7号機の安全対策工事について今月12日に終了したとしていましたが、実際には一部終わっていなかったことがわかったとして27日、陳謝しました。

柏崎刈羽原発7号機について東京電力は今月12日に安全対策工事を終えたとしていましたが、27日になって6号機と7号機で共用している中央制御室で原発で重大事故があった際、外気が入らないよう遮断するダンパーと呼ばれる空調設備の工事が終わっていなかったと発表しました。

7号機と並行して行われていた6号機の安全対策工事として管理していたため、これまで気がつかなかったと説明しています。

これについて新潟本社の橘田昌哉代表は「安全工事に一部、終わっていないものがあったことをおわびしたい」と陳謝しました。

東京電力はほかにも同様の事例がないか確認するとしていますが、ことし6月以降に行うとしている原子炉の起動を伴う検査に向けた今後の工程に現段階で影響はないとしています。

柏崎刈羽原発をめぐっては去年9月、社員が他人のIDカードを使って中央制御室に入っていたことがわかり、セキュリティの信頼性にかかわるとして地元から批判が出ています。