かんきつの大トロ「せとか」収穫始まる 愛媛 砥部町

香りや味わいが濃厚なことから「かんきつの大トロ」とも呼ばれる高級かんきつ「せとか」の収穫が、愛媛県砥部町で始まっています。

愛媛県は全国の生産量の半分以上を占める全国一の「せとか」の産地で、このうちJAえひめ中央の管内では、松山市や砥部町などでおよそ1000軒の農家が栽培していて、1月中旬から収穫が始まっています。

せとかは、安定した品質を保つため糖度や酸度などをJAが調査し出荷の時期を決めていて、砥部町の農家、白潟泰さんの農業用ハウスでは濃いオレンジ色に色づいたせとかがたわわに実りました。

せとかは、枝などで傷がつかないよう1個ずつ黒い布に包んで栽培されていて、白潟さんは1個ずつ手にとりハサミを使って丁寧に収穫していました。

JAによりますと、ことしは夏の初めに雨が多く品質が心配されましたが、その後天候が回復したことなどから平年以上に糖度が高く、濃厚な味わいに仕上がっているということです。

白潟さんは「ことしのせとかは順調に育ち見た目もよくおいしくなっています。ジューシーなせとかを多くの人たちに楽しんでもらいたいです」と話していました。

せとかの収穫は3月中旬ごろまで続き東京や大阪など全国へ出荷されます。