バイデン新政権 製造業や労働者支援へ 具体的な政策を打ち出す

アメリカのバイデン大統領は就任から6日目の25日、アメリカの製造業や労働者を支援するための具体的な政策を打ち出しました。白人労働者層などトランプ前大統領の支持層も意識し、国内の産業や雇用を守る姿勢をアピールするねらいとみられます。

アメリカのバイデン大統領は、就任から6日目となる25日、アメリカ製品の購入に関する大統領令に署名しました。

バイデン大統領は署名にあわせて記者会見し「納税者からの税金はアメリカを再建し、アメリカ製品を購入するために使う」と述べ、アメリカの製造業と労働者を将来にわたって支えていく姿勢を強調しました。

大統領令では具体的な政策として連邦政府が物資やサービスを調達する際、アメリカ企業からの購入を優先することを指示しています。

アメリカの法律ではもともと政府の調達先として国内企業を優先するよう定められていますが、バイデン大統領はこの法律には抜け穴があるとしていて、今後、これをふさぎ、例外措置の基準をより厳格にするよう見直すほか、一連の政策の実行を担う大統領直轄の新たな役職を設けるとしています。

バイデン政権は、これらの政策とともに外交面でも「アメリカの労働者のための外交」を推し進めるとしていて、社会の分断が指摘される中、白人労働者層などトランプ前大統領の支持層も意識し、国内の産業や雇用を守る姿勢をアピールするねらいとみられます。

バイデン大統領 トランスジェンダーの入隊禁じる措置を撤回

バイデン大統領は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人たちのアメリカ軍への入隊に関する大統領令に署名し、トランプ前大統領が指示した入隊を禁じる措置を撤回しました。

大統領令では、国防長官と国土安全保障長官に対し、トランスジェンダーの人たちを含めて資格を満たす人の入隊を認めることや、性にもとづく除隊など差別的な扱いを直ちにやめること、60日以内に実施状況を報告することを命じています。

これについてホワイトハウスは発表で「バイデン大統領はアメリカの強さは多様性のなかにあると信じている」としています。

トランスジェンダーの人たちのアメリカ軍への入隊を巡っては、2016年に当時のオバマ政権が入隊を禁じる規則の撤廃を決めましたが、トランプ前大統領はこれに反対するとして当面、入隊を禁じる措置を続けるよう指示していました。

バイデン大統領は就任後、トランプ前政権が導入した政策の転換を相次いで打ち出しています。

「ホワイトハウスに犬が戻ってきた」と話題に

アメリカのバイデン大統領の愛犬2頭がホワイトハウスに入り「ホワイトハウスに犬が戻ってきた」と話題になっています。

愛犬は「チャンプ」と「メイジャー」の2頭のジャーマン・シェパードで、ファースト・レディーのジル夫人がツイッターに東部デラウェア州の自宅からホワイトハウスに到着したときの様子を投稿しました。

2頭のうち「メイジャー」はバイデン家が保護施設から引き取ったということで、アメリカのメディアは保護された犬がホワイトハウスの一員になるのは初めてだと報じています。

アメリカでは、大統領がホワイトハウスでペットを飼うのが慣例となっていましたが、トランプ前大統領はペットを飼っていなかったため、バイデン大統領の就任で「ホワイトハウスに犬が戻ってきた」と話題になっています。