NFL バッカニアーズとチーフスがスーパーボウル進出決定

NFL=アメリカプロフットボールリーグは24日、カンファレンスの決勝が行われバッカニアーズとチーフスがスーパーボウル進出を決めました。バッカニアーズの43歳、トム・ブレイディ選手は史上最多の10回目のスーパーボウル出場となります。

アメリカ最大のスポーツイベント、スーパーボウルに出場する2チームを決めるカンファレンス決勝が24日行われ、このうち、ナショナルカンファレンスはバッカニアーズとパッカーズが対戦しました。

バッカニアーズは司令塔のクォーターバックで、43歳のブレイディ選手の活躍などで31対26で競り勝ち、18シーズンぶりのスーパーボウル進出を決めました。

ブレイディ選手はペイトリオッツ時代に6回のスーパーボウル優勝を果たしたスター選手で、移籍1年目となった今シーズンも「優勝請負人」として活躍し、史上最多となる10回目のスーパーボウル出場となります。

一方、アメリカンカンファレンスの決勝は昨シーズン王者のチーフスが38対24でビルズに勝って2シーズン連続のスーパーボウル進出を決めました。

バッカニアーズとチーフスの顔合わせとなった今シーズンのスーパーボウルはバッカニアーズの本拠地、フロリダ州タンパで日本時間の来月8日に行われます。

開催地が数年前から事前に決まっているスーパーボウルに、開催地を本拠地とするチームが出場するのはバッカニアーズが初めてです。