大相撲初場所14日目 2敗の正代は照ノ富士 大栄翔は玉鷲と対戦

大相撲初場所は、大関・正代と平幕の大栄翔が2敗でトップに並んでいます。14日目の23日は正代が関脇・照ノ富士と、大栄翔が平幕の玉鷲と対戦します。

初場所は13日目を終えて大関・正代と、初優勝を目指す大栄翔が2敗で並んでいます。

14日目の23日、正代は、大関経験者で優勝2回の実力者、照ノ富士との対戦です。

過去の2人の対戦は正代の6勝5敗ときっ抗しています。

正代は、まわしを取ると力を発揮する難敵の照ノ富士に対し立ち合いから前に出たうえで、まわしを取らせず一気に勝負をつけたいところです。

前頭筆頭の大栄翔は、過去6勝8敗と負け越している玉鷲と突き押しどうしの対戦です。

今場所鋭い出足を見せている大栄翔としては、強烈な突き押しを貫いて時間をかけずに攻めきりたいところです。

このほか期待の若手、琴ノ若は幕内で初めてのふた桁白星がかかる一番で、豊山と対戦します。