政府 日銀審議委員ら17機関56人の人事案を国会に提示

衆参両院の議院運営委員会の理事会が開かれ、政府は、日銀の審議委員や預金保険機構の理事長など、国会の同意が必要な17機関・56人の人事案を提示しました。

政治が提示した人事案では、日銀の審議委員に、専修大学経済学部教授の野口旭氏を起用するとしています。

また、預金保険機構の理事長に、元金融庁企画市場局長の三井秀範氏を、国家公安委員会の委員に、千葉商科大学国際教養学部長の宮崎緑氏をそれぞれ起用するとしています。

このほか、NHK経営委員会の4人の委員の人事案も示されました。

政府は、これらの人事案について、今の国会で速やかに同意を得たい考えです。