株価 一時300円余値上がり バイデン政権への移行順調で安心感

21日の東京株式市場、株価は値上がりしています。アメリカのバイデン新大統領の就任式が混乱なく行われ、20日のニューヨーク市場でダウ平均株価が最高値を更新した流れを受けて、日経平均株価は一時、300円余り値上がりしました。

▽日経平均株価、午前の終値は20日の終値より204円22銭高い、2万8727円48銭。

▽東証株価指数=トピックスは、10.23上がって、1859.81。

▽午前の出来高は6億522万株でした。

市場関係者は「バイデン新大統領が就任初日から大統領令に署名するなど政権移行が順調に進んでいるとして、投資家の間に安心感が広がった。20日はIT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も最高値を更新し、東京市場でもITや電子部品関連などで買い注文が増えている」と話しています。