拉致被害者家族「解決へ日程表提示を」バイデン新大統領就任で

バイデン新大統領の就任を受けて、北朝鮮による拉致被害者の家族会の代表の飯塚繁雄さん(82)は「これまで日米両政府が緊密に連携して拉致問題に取り組むと言ってきたことを、きちんと守ってもらいたい。新型コロナウイルスへの対応などほかにも大きな問題があるが、最重要課題である拉致問題にはすぐに取り組んでほしい。解決に向けた日程表をきちんと示し、実行に移してもらいたいというのがわれわれの願いで、菅総理大臣に対しても、バイデン大統領と面会する際には『日程表を念頭において進めてほしい』と伝えてもらうよう要望したい」と話しています。

拉致被害者 地村さん夫妻「問題解決に向け協力を」

北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん、富貴恵さん夫妻は「拉致問題については最終的には日朝間の直接交渉で解決すべき問題ですが、解決には日米の緊密な連携が必要不可欠であると考えています。バイデン新大統領には日本人拉致問題を国際社会において取り上げていただくなど、拉致問題の解決に向けご協力頂けるものと期待しています」とするコメントを出しました。