大阪市 医療的ケアが必要な子どもたちの保育拡大で独自支援へ

たんの吸引など医療的なケアが必要な子どもたちの保育の受け皿を広げようと、大阪市は看護師を配置した民間の認可保育所に対し、経費を補助する独自の支援をことし4月から導入する方針を固めました。

たんの吸引や人工呼吸器など医療的なケアが必要な子どもを保育所が預かる場合、看護師の配置など手厚い体制が必要となるため、受け入れは思うように進んでいません。

このため大阪市は受け入れを拡大するため看護師を配置した民間の認可保育所に対し、経費の一部を補助する独自の支援制度を設ける方針を固めました。

具体的には看護師1人につき最大で年間およそ550万円を補助することにしています。

医療的なケアが必要な子どもの保育をめぐっては、国が受け入れ体制の整備に取り組む自治体に財政支援を行うモデル事業を始めていて、厚生労働省によりますと大阪市の取り組みは、先進的な事例として、注目されるということです。

大阪市は必要な経費を来年度予算案に盛り込み、ことし4月から支援を始める方針です。