警察官がコンビニトイレに拳銃置き忘れ 使われた形跡なし 大阪

20日、大阪府警の警察官がコンビニエンスストアのトイレを利用した際、弾の入った拳銃や手錠を置き忘れました。およそ30分後に回収され、使われた形跡はないということで、府警は再発防止に努めるとしています。

大阪府警察本部によりますと、20日午前10時ごろ、第三機動隊に所属する30代の男性巡査部長が大阪 北区のコンビニエンスストアの個室トイレを利用した際、弾の入った拳銃と手錠がつながれたベルトを壁のフックに掛けたまま店を出ました。

巡査部長は当時、近くのアメリカ総領事館の警備にあたっていて、車両での待機時間中にトイレを利用したということです。

その後、コンビニを訪れた買い物客が拳銃などを見つけ、店長が警察に届け出たということで、およそ30分後に回収しました。

拳銃などには使われた形跡はないということです。

大阪府警察本部は「装備品などの適正な保管と管理を徹底し、再発防止に努めていく」とコメントしています。