バイデン新大統領が就任 経済界の反応

アメリカのバイデン新大統領の就任について、経済界の反応です。

経団連 中西会長「国際協調重視に期待」

経団連の中西会長は「コロナ禍で疲弊した世界経済の回復と、揺らいでいる国際秩序の再構築は重要な課題であり、解決のためにはアメリカの力が必要である。新政権は、国際協調を重視する方針を打ち出しており、大いに期待している」というコメントを発表しました。

またバイデン新大統領がトランプ前大統領が離脱した地球温暖化政策の国際的な枠組み、「パリ協定」に復帰する方針を示していることについて、「気候変動問題の解決への強い決意を示すものとして高く評価する。世界的なグリーン成長の実現に向けてリーダーシップを発揮してほしい」と期待を示しました。

同友会 櫻田代表幹事「国際社会の平和と繁栄を再びけん引を」

経済同友会の櫻田代表幹事は、コメントを発表し、「円滑な政権移行と最大の課題である新型コロナウイルス対策、そして深刻化するアメリカ社会の分断と経済格差の克服に向け、強いリーダーシップを発揮してほしい。アメリカが、国際社会の平和と繁栄を再び、けん引して欲しい」と期待を示しました。

そのうえで、今後の日米関係について「不確実性が高まる国際社会において、日米関係の重要性は一層高まる。日本は、アメリカと協働し、自由で開かれたインド太平洋地域の実現や、東アジア地域の安定に努めることが求められている」と指摘しました。

日商 三村会頭「一層、強固な日米関係を」

日本商工会議所の三村会頭は、「多国間主義や法の支配を重視する新しい大統領として、強いリーダーシップを発揮することを大いに期待する」というコメントを発表しました。

そのうえで、「新型コロナウイルスの克服や気候変動・エネルギー政策の強化など、アメリカだけでは解決できない問題に対しては、各国が協調して対応する姿勢を積極的に示してほしい。国際秩序の維持と世界経済の早期回復という難しい課題に立ち向かうためにも、一層、強固な日米関係が築かれることを望んでいる」としています。