バイデン新大統領就任 菅首相 日米同盟強化やコロナで連携を

菅総理大臣は、アメリカのバイデン新大統領と速やかに電話会談ができるよう調整を急ぐとともに、早期のアメリカ訪問を実現し、新大統領との信頼関係を構築したいとしています。そして、日米同盟の一層の強化を図るほか、新型コロナウイルス対策や気候変動問題などの多国間の課題で緊密に連携していく考えです。

アメリカのバイデン新大統領の就任を受けて、菅総理大臣はみずからのツイッターにメッセージを投稿し「バイデン大統領、ハリス副大統領、ご就任おめでとうございます。日米は普遍的価値を共有する強い絆で結ばれた同盟国です。日米同盟の強化や『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向け、今後バイデン大統領と協力していけることを楽しみにしています」と祝意を示しました。

菅総理大臣は、バイデン新大統領と速やかに電話会談ができるよう調整を急ぐとともに、新政権の体制や新型コロナウイルスの感染状況などを見極めながら早期のアメリカ訪問を実現し、新大統領との信頼関係を構築したいとしています。

そして、日米同盟の一層の強化を図るとともに、オーストラリアやインドなど普遍的な価値観を共有する国々との協力を強化し、民主主義や法の支配に基づく国際秩序の形成に結束して取り組む方針です。

また、国際協調を掲げるバイデン新大統領と緊密に連携し、新型コロナウイルス対策や気候変動問題、それにデジタル市場をはじめとした公正な競争環境を確保するための国際的なルール整備など多国間の課題で、国際社会を主導していきたい考えです。

一方、在日アメリカ軍の駐留経費の日本側負担、いわゆる「思いやり予算」をめぐっては、これまでの日米交渉で具体的な負担額の折り合いがついておらず、政府は「特別協定」の期限が3月末に迫る中、新政権との間で早期の妥結を目指すことにしています。