節分 子どもが豆をのどに詰まらせる事故に注意を

ことしは2月2日が「節分」となります。消費者庁では、豆まきの豆など、小さくて硬いものを子どもがのどに詰まらせる事故が毎年のように起きていることから、5歳以下の子どもには豆などを食べさせないよう注意を呼びかけています。

消費者庁によりますと、この10年間で、全国の医療機関から寄せられた5歳以下の子どもが食品をのどに詰まらせた事故は、141件あったということです。

このうち大豆やピーナツなどが全体のおよそ2割を占めていて、去年2月には、節分の豆をのどに詰まらせた4歳の子どもが窒息して亡くなる事故も起きているということです。

消費者庁によりますと、子どもがかんだり飲み込んだりをスムーズにできるようになるのは6歳ごろとされていて、それまでは、豆などがのどに詰まりやすいうえに、気管に入ってしまうと中で膨らんで窒息するおそれがあるということです。

消費者庁と専門家が行ったシミュレーション実験では、リクライニングした状態で豆を食べたケースや豆を口に入れて走り出したケースなどでは、のどに詰まりやすくなることが分かったということです。

このため消費者庁は、豆やナッツ類などの硬くてかみ砕く必要のある食品は5歳以下の子どもに食べさせないことや、食品を口に入れたまま走ったり声を出したりせず、食べることに集中させるよう呼びかけています。

また、メーカーの中には節分の豆のパッケージに、幼い子どもに豆を食べさせないよう注意を呼びかける表示をしているところも出てきているということです。

消費者庁消費者安全課の鮎澤良史課長は「豆まきでは袋に入った豆を使うことや、子どもが拾って口に入れないよう、豆まきが終わったあとは片づけを徹底することなど、注意してほしい」と話しています。