福岡女性殺害事件 鹿児島家裁 少年を検察庁に送り返す決定

去年、福岡市の商業施設で女性を殺害したとして、殺人などの疑いで逮捕された少年について、家庭裁判所は、検察庁に送り返す決定をしました。検察は殺人などの罪で起訴するとみられ、遺族は「自分の罪を考えさせるべきで、一生、刑務所に入っていてほしい」と話しました。

去年8月、福岡市の商業施設で当時21歳の女性が包丁で刺され殺害された事件で、福岡の更生保護施設に入所する15歳の少年が殺人などの疑いで逮捕され、検察は「刑事処分が相当」として少年を福岡家庭裁判所に送りました。

その後、事件を担当する家庭裁判所が福岡から少年の居住地の鹿児島に移されました。

19日の審判で鹿児島家裁は「再非行の可能性は非常に高い。少年院などが採用する教育的な関わりなどによって、改善することは著しく困難だといわざるを得ず、15歳という年齢などを踏まえても、刑事処分のほうが更生に資するというべきだ」などとして、少年を鹿児島地方検察庁に送り返す決定をしました。

検察は少年を殺人などの罪で起訴し、成人と同じ裁判員裁判が開かれるとみられます。

また、事件を担当する検察庁や裁判所が再び福岡に移ることも想定されます。

決定を受けて20日、遺族が会見を開き、女性の母親は「少年だから守られることが多いが、15歳ならやっていいことと悪いことは十分に判断がつく。 自分の罪を考えさせるべきで、一生、刑務所に入っていてほしい」と話しました。